お知らせ

2018年03月05日

3/31東京、4/7大阪の15周年ワンマンに菊地英昭氏、ホッピー神山氏がお祝いに駆けつけてくれることが決定!

鶴に多大なる影響を与えミニアルバム「秘密」に参加してくれたギタリスト菊地英昭氏(THE YELLOW MONKEY/brainchild’s)と、デビューシングル「恋のゴング」のプロデューサーであるホッピー神山氏が、15th Anniversary公演にお祝いに駆けつけてくれることが決定!
菊地英昭氏は3月31日の東京・マイナビBLITZ赤坂公演に、ホッピー神山氏は4月7日の大阪・心斎橋BIGCAT公演に出演してくれます。

あのアルバムの曲達を完全再現します!

鶴 15th Anniversary 「好きなバンドが出来ました」 〜東西大感謝祭〜

3月31日(土)東京・赤坂BLITZ

開場16:00 開演17:00
出演:15年の貫禄漂う「鶴」
お祝いゲスト:菊地英昭(THE YELLOW MONKEY/brainchild’s)

 

4月07日(土)大阪・心斎橋BIGCAT

開場16:15 開演17:00
出演:15年の貫禄漂う「鶴」
お祝いゲスト:ホッピー神山

 

両公演ともチケット発売中!

ローソンチケット】 【チケットぴあ】【e+

 

菊地英昭  (THE YELLOW MONKEY / brainchild’s)

1986年12月KILLER MAYのギタリストとしてメジャー・デビュー。1989年に解散し、同年THE YELLOW MONKEYに参加する。1992年5月、日本コロムビア・TRIADレーベルよりデビュー。2001年1月8日東京ドームでのライブを終えTHE YELLOW MONKEYは活動を休止。2004年解散。2008年10月にインディーズ・レーベル〈Brainchild’s Music〉を設立し、brainchild’sを始動させる。ソロ・プロジェクトとして、アルバム4枚、ミニ・アルバム3枚、シングル5枚、ライブDVD5枚をリリースしている。2016年1月にTHE YELLOW MONKEYとして15年ぶりの再集結を果たす。インディーズ盤を1枚、8枚のアルバムと25枚のシングルをリリース。

ホッピー神山

1978年、プロデビュー。1983年「PINK」に参加、80年代を代表するプロデュー サー、キーボーディストとしての評判を確立。 1990年、1991年に 東芝EMIより ソロ・アルバム「音楽王・1」「音楽王・2」を発表。1992年、自ら「GOD MOUNTAIN」レーベルを立ち上げる。1994年、宮本亜門のミュージカル「サイケデ リック歌舞伎・月食」の音楽を担当。1999年には、フランスの SONOREより室内 楽中心のアルバム『Juice&Tremolo』を発表。2005年、ソロCD+DVD『意味のない ものは、意味があ る』を発表。2007年に『もしもし、ピアノが弾け ますよ』、 2009年に『私がピアノ』、ピアノソロ・アルバムをリリース。 プロデュー サー・アレンジャーとしては、鶴、アンジェラ・アキ、小泉今日子、氷室京介、セン チメンタル・バス、Chara、Judy&Maryなど 2000曲を越える仕事を、テレビCMで も2004年のトヨタ・カローラフィールダーなど多数のヒットCM音楽を手掛ける。 レーベルを主宰し、世界中のネットワークを築き上げ、多数のバンドにボーダレ スなパフォーマーとして参加している。

公式WEBサイトhttp://hoppy-tv.com

鶴 オフィシャルサイト